soraと家と子

家事のこと、育児のこと、お金のこと

子供にスマホを持たせる前にしたいこと〜SNS編〜

こんにちは!

子供ってあっという間に成長して、親の元を離れて行くんやろな~と

トイ・ストーリー3を見ながら切なくなっているsoraです。

 

今日は、子供にスマホを持たせる時の話。

3歳の娘が成長してスマホを持たせることになった時、

私がどういう対応をするかを想像してこのブログを書く。

 

親は心配と不安、子は好奇心と憧れ

 

生活に欠かせなくなったスマホ

いつかは持たせることになるスマホ

とても便利だし何でもできる。

何でもできるからこそ、使い方を間違えれば大変なことになったりもする。

 

親はそれが心配で渡すのを躊躇する。

けれど、子供からしたらそんなことよりスマホ欲しい!とスマホを買ってもらうために必死で親を言いくるめようとするだろう(私が子供ならそうする)

だから、親がスマホで○○したらダメ!と買う前に条件を出しても「はい!はい!」と元気よくいい返事をするだろう(私が子供ならそうする)

 

時間等の制限はできても、全てのやり取りや使い方を親が管理するのは不可能だ。

 未成年だなんて関係ない。スマホの使い方は自分で判断して使ってほしいと私は思う。

 

 

f:id:hikaluz:20200213153235p:plain

スマホを持たせる前にしたいこと

 

少しでも子供が自分で考える内容の質問をする。

 

問1.SNSやWEBにアップしたもの(写真や文章、個人情報など)はいつでも消すことができる

 

 バツ。一度アップしたものは誰が保存し、どこで拡散しているかは分からない。もとのデータを削除しても、他人が保存したものを削除することはできず、ずっとネット上に残ることがある。

見られたくない写真や個人情報は決してネット上にあげてはならない。

 

問2.グループ内で送り合った文章や写真を他の人が見ることは絶対にない

 

 バツ。グループ内の誰かが、スクリーンショット等でネットに上げると一気に拡散されてしまう。

 

問.3 SNS上で知り合った人のプロフィールや写真は実在の人物であり、必ず事実を書いている

 

 バツ。すべての人が嘘を書いているとは思わないが、事実とも限らない。顔も性格も性別さえも偽れるのがネットの怖いところでもあるが、いいところでもあるのかもしれない。

 

問.4 良いことだと思って、アップしたものを見て不快に思う人もいる

 

 マル。すべての人が同じ見方をすることはない。肯定する場合もあり否定することもある。

 

問5. 写真の人の瞳から住所を特定することができる

 

 マル。カメラの性能がよくなり、瞳だけで個人情報を特定できるらしい。

 

問6. SNS上で知り合った人と会った場合、どんな可能性が考えられるか?

1.友達になれる

2.殺人事件、監禁事件にまきこまれる

3.その他

 

答 すべて○。どんな可能性だって考えられる。

 

 危険は自分で判断して欲しい

 

こういう使い方をしてはダメと伝えることも大事だが、なぜダメなのかを自分で考えて欲しいから質問形式にしてみた。上の質問を子供が頭の片隅に置いておいてくれるだけでいいと思うし、思春期の子供と一緒に考える機会になればいいなとも思う。

正直私も使いこなしてないので、私にとっても子供にとってもスマホについて考えるいいタイミングかな。

 

SNSを使うことはいいし、思春期の子供たちにとって、誰かが共感してくれることは心強いのかなとも思う。その場のノリとか勢いとかで、写真等をあげてしまうこともあるかもしれない。そんな時にこの質問を思い出して、自分で考え判断してほしい。

 

子供は大人よりもいい意味でフットワークが軽く、なんとかなるやろと勢いで進んでいけるかもしれない。だからこそ、スマホとその勢いで今後の人生を左右することもある。全てに恐怖を感じる必要はないが、この知識を持つだけで想像することはできると思う。

 

 

おわりに

 

上記の質問以外も考えればいくらでも出てくる。ただ、何時間もそんな話をしても親子共々飽きてしまうので、少しずつ話をしてもいいのかな。

SNSとの向き合い方って大人でも難しいし、自分が正しく使えてる自信もない。

今後ずっと子供のスマホを管理するなんて不可能だし、したいと思わない。

危険は自分で回避してほしい。

そう。あのヒノノニトンのように。

トントントントンヒノノニトン。

 

 

以上、私が子供にスマホを持たせる前にしたいことでした。

私が今のところ思いつく質問と答えなので、今後増えていくかも減っていくかも。笑

 

まぁ…はじめにも言いましたが、娘まだ3歳なのでね、字も読めませんがね。笑

きっと渡す頃にはこのことを書いたこともすっかり忘れているでしょうね( ˙-˙ )

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。