soraと家と子

家事のこと、育児のこと、お金のこと

子供にスマホを持たせる前にしたいこと〜SNS編〜

こんにちは!

子供ってあっという間に成長して、親の元を離れて行くんやろな~と

トイ・ストーリー3を見ながら切なくなっているsoraです。

 

今日は、子供にスマホを持たせる時の話。

3歳の娘が成長してスマホを持たせることになった時、

私がどういう対応をするかを想像してこのブログを書く。

 

親は心配と不安、子は好奇心と憧れ

 

生活に欠かせなくなったスマホ

いつかは持たせることになるスマホ

とても便利だし何でもできる。

何でもできるからこそ、使い方を間違えれば大変なことになったりもする。

 

親はそれが心配で渡すのを躊躇する。

けれど、子供からしたらそんなことよりスマホ欲しい!とスマホを買ってもらうために必死で親を言いくるめようとするだろう(私が子供ならそうする)

だから、親がスマホで○○したらダメ!と買う前に条件を出しても「はい!はい!」と元気よくいい返事をするだろう(私が子供ならそうする)

 

時間等の制限はできても、全てのやり取りや使い方を親が管理するのは不可能だ。

 未成年だなんて関係ない。スマホの使い方は自分で判断して使ってほしいと私は思う。

 

 

f:id:hikaluz:20200213153235p:plain

スマホを持たせる前にしたいこと

 

少しでも子供が自分で考える内容の質問をする。

 

問1.SNSやWEBにアップしたもの(写真や文章、個人情報など)はいつでも消すことができる

 

 バツ。一度アップしたものは誰が保存し、どこで拡散しているかは分からない。もとのデータを削除しても、他人が保存したものを削除することはできず、ずっとネット上に残ることがある。

見られたくない写真や個人情報は決してネット上にあげてはならない。

 

問2.グループ内で送り合った文章や写真を他の人が見ることは絶対にない

 

 バツ。グループ内の誰かが、スクリーンショット等でネットに上げると一気に拡散されてしまう。

 

問.3 SNS上で知り合った人のプロフィールや写真は実在の人物であり、必ず事実を書いている

 

 バツ。すべての人が嘘を書いているとは思わないが、事実とも限らない。顔も性格も性別さえも偽れるのがネットの怖いところでもあるが、いいところでもあるのかもしれない。

 

問.4 良いことだと思って、アップしたものを見て不快に思う人もいる

 

 マル。すべての人が同じ見方をすることはない。肯定する場合もあり否定することもある。

 

問5. 写真の人の瞳から住所を特定することができる

 

 マル。カメラの性能がよくなり、瞳だけで個人情報を特定できるらしい。

 

問6. SNS上で知り合った人と会った場合、どんな可能性が考えられるか?

1.友達になれる

2.殺人事件、監禁事件にまきこまれる

3.その他

 

答 すべて○。どんな可能性だって考えられる。

 

 危険は自分で判断して欲しい

 

こういう使い方をしてはダメと伝えることも大事だが、なぜダメなのかを自分で考えて欲しいから質問形式にしてみた。上の質問を子供が頭の片隅に置いておいてくれるだけでいいと思うし、思春期の子供と一緒に考える機会になればいいなとも思う。

正直私も使いこなしてないので、私にとっても子供にとってもスマホについて考えるいいタイミングかな。

 

SNSを使うことはいいし、思春期の子供たちにとって、誰かが共感してくれることは心強いのかなとも思う。その場のノリとか勢いとかで、写真等をあげてしまうこともあるかもしれない。そんな時にこの質問を思い出して、自分で考え判断してほしい。

 

子供は大人よりもいい意味でフットワークが軽く、なんとかなるやろと勢いで進んでいけるかもしれない。だからこそ、スマホとその勢いで今後の人生を左右することもある。全てに恐怖を感じる必要はないが、この知識を持つだけで想像することはできると思う。

 

 

おわりに

 

上記の質問以外も考えればいくらでも出てくる。ただ、何時間もそんな話をしても親子共々飽きてしまうので、少しずつ話をしてもいいのかな。

SNSとの向き合い方って大人でも難しいし、自分が正しく使えてる自信もない。

今後ずっと子供のスマホを管理するなんて不可能だし、したいと思わない。

危険は自分で回避してほしい。

そう。あのヒノノニトンのように。

トントントントンヒノノニトン。

 

 

以上、私が子供にスマホを持たせる前にしたいことでした。

私が今のところ思いつく質問と答えなので、今後増えていくかも減っていくかも。笑

 

まぁ…はじめにも言いましたが、娘まだ3歳なのでね、字も読めませんがね。笑

きっと渡す頃にはこのことを書いたこともすっかり忘れているでしょうね( ˙-˙ )

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

ありの~ままの~ブログにしてみるのよ~

 

娘がアナ雪にハマっているのでタイトルもアナ雪風にしました。

完全に字余り。

 

どうも、ブログ迷子のsoraです。

 

 

f:id:hikaluz:20200210151053p:plain

このブログで何がしたいのか

まず、このブログで何を書きたいのか。

このブログをどうしていきたいのか。

そもそも、何のためのブログなのか。

 全部が曖昧なために文章がまとまらず、途中で諦めた文章が下書きにいっぱいたまってきました。更新したいのに更新できなくて辛い。

 

そもそもこのブログを始めたきっかけは、

専業主婦だけど家で稼ぎたい!と思ったからです。

ネットで調べると、実際に稼がれている専業主婦がたくさんいることに驚きました。

そこで出会ったのが、アフィリエイトでした。

 

いつのまにか自分で自分を「理想の枠」に閉じ込めていた

 

さぁ、やってみるぞ!と勇気を出して一歩踏み出した私!

本を読んだり、実際に成功している方のブログを読んだり、SNSを見たり・・・。

その結果、今の位置に立ってます。そうです。迷子です。笑

何かを書いてみても、誰かのマネをしているような気がしたり。

自分が書きたいことより、誰かの評価を気にして書いてみたり。そもそもまだ誰も見てないのに。

 

「〜であるべき」と勝手に自分で作った枠にとらわれていたことに気づきました。

「映えた写真」は撮れないし、「映える文章」なんて書けないし。

もともと文章を書くのが苦手な上に、語彙力もないのに見栄を張っていました。

そう、他人からよく見られたいからです。

これからは・・・

せめてブログの中だけでも

 

「それも~もうやめ~よ~お~♪」

 「ありの~ままの~ブログみせるのよ~」

字余りじゃなくなりました。やったね。

 

言いたかっただけです。はい。

 

このブログでは自分が本当にいいと思ったこと、気になること、読みたいこと、書きたいことを書きます。

しょうもないことばっかりですが。

それでも誰かが通りすがりに読んでくれて共感してくれたらいいなと思います。

もちろん、最終的にはアフィリエイトで稼ぎたいんですがね。笑

 

 

「読みたいことを、書けばいい。」

 

 さいごに一冊本を紹介します。

この文章を書くきっかけになった本です。

 


 

 

正直、こうすれば上手に書けるようになるとかは書いていません。

すごく回りくどい言い方をしているし、ツッコミどころが満載です。

そして、メッチャ本を買わせようとしてくる。笑

 

でも、 ブログを続ける勇気をもらいました。

 

よくある参考書のように「書く方法」ではなく

「自分の文章と向き合う姿勢」を教えてくれます、

そして笑わせてくれます。

もし私のようなブログ迷子や文章を書くのに悩んでいる方がいれば、一度手にとってみてください。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

子供と一緒に遊ぶ難しさ

 

無意識にコーヒーを入れてしまう、

コーヒー中毒気味のsoraです。

 

今日は子育てについての日記です。

 

3歳の娘は家が大好きで、全く外出したがりません。

少し買い物に連れて行っただけで「早くお家に帰ろうよ~」を連呼。

家でお母さんと一緒に遊ぶのが一番の楽しみだそうです。

 

そう言ってくれるのは嬉しいのですが、ちゃんと一緒に遊べているのか不安になるときがあります。

一緒にお絵かきをしているときにも「遊ぼうよ~」と言ってくるからです。

 

f:id:hikaluz:20200203122526p:plain

えぇ、いや待って!今遊んでるやん!

遊ぼうに遊ぼう重ねてるやん。

「遊ぶ」とは一体なんなのか。今までのは一体なんやったのか。

と内心ツッコミまくる私。笑

 

ただ遊びたいだけではなく「一緒に遊びたい」だそうで、全く一人で遊びません。

最近は家事を手伝ったら早くお母さんと遊べると考えたみたいで、

「洗濯物たたむの手伝うから、終わったら一緒に遊ぼうね」と条件をつけて言ってきます。そう言われると「わかった」としか言えない私。3歳児でも親心が分かっている。

手伝ってくれるからすごく助かるし、お互いにWin-Winかなとは思うけど、

家事ってそれだけでは終わらないんだよなぁ。家事はどんどん後回しにされるパターン。

 

で、結局なにをして遊ぶかというと、二人で黙々とブロック制作。それぞれに作ってるけど、これって一緒に遊んでるのか!?でも娘は満足してるよう。

うーん、一緒に遊ぶって難しい。

でも、子供が満足してくれて、楽しかったと思ってくれるならなんでもいいか!!

 

それにしても、保育園とか幼稚園の先生って本当にすごいなぁといつも思います。

一人の子供相手でもすごく大変なのに。

f:id:hikaluz:20200203122631p:plain

無償化はもちろん助かるけど、先生方とか園のための環境を先に整えてほしい!と思います。待機児童が多いのに無償化になったら、今まで園に入れてなかった人も入れたくなって待機児童増えるやん。と素人の私でも思いますが・・・。

 

先生の待遇面は変わらず仕事量は増えると、先生になりたい人も減ってしまうのではないか。そうなると子供たちにとってもいい環境とは言えなくなるでしょうし・・・。悪循環な気がするのは気のせいでしょうか。

 と考え出したら止まりません。ただ一つ言えることは、先生いつもありがとうございます。

 

以上、ただの日記でした。おしまい。

 

 

おかずの作りおきではなく、野菜の切りおき

こんにちは!soraです。

主婦ですが、毎日のご飯作りが苦痛です。笑

そんな私は「おかずの作りおき」ではなく、「切りおき」派!

それだけで、時短になるし、バタバタするご飯作りの気持ちが楽になります。

 

 f:id:hikaluz:20200131143510p:plain

私が作り置きをしない理由は3つ

 

作った日に食べてしまう

作り置きと思って作った料理をその日のうちに食べてしまって、置いておく料理がなくなるパターン。結局メインとなる程の量が残らないので、メインを作ることに・・・

 一度にたくさんの料理を作れない

当たり前ですが、作り置きをするためにはその日数分を一気に作るということです。

まず、一気にそんなに料理が思いつかない!笑

それだけの料理を一気に作る腕がない!私がやると何時間もかかる!

自分が作った料理の賞味期限が信じられない

自分が作った料理の賞味期限って分かりますか?
もちろん料理によって異なるとは思いますが、私が大丈夫だと思えるのは2、3日までです。
それ以降は少し怖いなって思うし、夏場は特に食中毒が心配になります。なにより自分が作った物に自信がないので、余計に不安。笑

 以上の理由で、作り置きは私には向いていませんでした。泣

 

楽をするために始めた「切りおき」とは

f:id:hikaluz:20200131142051j:image

言葉の通り切っておくだけ

「切りおき」とは野菜を切って置いておくということです。

  1. 野菜を洗う
  2. 野菜を切る
  3. 野菜をフリーザーバッグに入れる
  4. 冷蔵庫または冷凍庫に入れる
 料理のついでに「切りおき」を作る

「切りおき」は料理のついでに作ると楽です。

料理に必要な分より少し多めに切って、余った分を保存します。

 

 メリット
  • 袋から出すだけなので、洗い物が減る
  • 時短になる
  • 冷凍すれば長持ちする
使い方
  •  そのままサラダに使う
  • そのまま調理する
  • 下味をつけて保存する

 

最後に

切るだけの準備で、料理をする前の気持ちが少し楽になります。

 

朝時間があるときは、フリーザーバッグの中で調味料を揉みんでまぜます。

その後お肉と切っておいた野菜を入れて揉み込み冷蔵庫へ!それだけで下味準備もできます。もちろん洗い物もありません!

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 読んでいただきありがとうございました。

ワンオペ今日も頑張ったね私

 

こんにちは!はじめまして!

アラサー専業主婦のsoraです。

 

自己紹介

 

・夫と3歳娘の3人暮らし 

・専業主婦  

・家が好き

・ディズニー好き

・お酒好き

・お金好き

 ・家事苦手

・大ざっぱ

・ズボラ

・飽き性

・心配性

・面倒くさがり屋 

 

家事育児をしながら、思ったことを書いていきます。

毎日を大切に、子供と楽しい時間を過ごせたらいいなぁと思ってます!!

家事はそこそこ、育児はそこそこ全力!笑

 

f:id:hikaluz:20200130141730p:plain


 

ワンオペ今日も頑張ったね私

 

我が家はだいたいワンオペです。 

夕方になると

夕食準備、子供にご飯を食べさせて、片付けして

お風呂入れて、歯磨きして、一緒に遊んで、

寝かしつけ

というやらなければならないことが

たくさんあってバタバタします。

 

きっとどのご家庭でも同じですよね。

皆様お疲れ様です。

 

子供が食べている間にちょっとでも片付けを終わらせようと

急いで洗い物をしていた時、事件が起きました。

 

お気に入りの油はね予防のレンジガードを洗っていたんです。

そして、スッパーンと指を切りました。

うぐぇっ

と謎の声がでてその場にしゃがみ込み、止血しながら

痛さに耐えていました。

 

レンジガードって薄いアルミのような板でできているんですが、堅い紙で手を切ったような感覚。

もちろん紙ではないので、結構深い傷で...

もう痛すぎて言葉も出ない時に、聞こえてきた楽しげな声。

「デザートはバナナ!バナナとって~♪」

ちょうどご飯を食べ終わった娘からのデザートの催促。

 

うぅ~タイミングぅ!!!と思いながら、

左手でなんとかバナナをもぎ取り、そっと娘に渡しました。

娘の嬉しそうな顔を見て、痛みも忘れ...るわけないぃ。涙

 

夫に早く帰ってきてもらって、お風呂入れるん手伝ってもらおうかと思ったけど、

いや、頑張れよ自分。って急に冷静になって、

消毒して絆創膏貼って、いざお風呂へ!

嫌がる娘の歯磨きもしっかりしたところで、

夫から電話!!

やっと帰ってくる!指痛いんじゃぁ!!と思ったら、

「今日飲みにいってくる」

 

...承知致しました。いってらっしゃいませ。

 

痛い中、ワンオペ頑張ったよ。あぁ頑張った。

と自分で自分を褒めながら

寝かしつけをしましたとさ。おしまい。

 

ダイソーのゴム手袋がおすすめ!

f:id:hikaluz:20200130141935j:image

ちなみに、今までは素手で洗い物していたのですが、

この傷をきっかけにゴム手袋を使うようになりました。

 

以下は、ゴム手袋のメリット、デメリットです。

 

メリット

・手、袖が濡れない

・キッチンのタオルがびちょびちょにならない(あまり手を拭かなくなるので)

・手が切れるようなものも、手袋が守ってくれる

あかぎれしにくくなる

冷たい水も耐えれる 

 

デメリット

・着脱が少し面倒

・ゴム手袋を置いたり、乾かす場所が必要(生活感でます)

 

以上。

今回の傷もありますが、あかぎれもひどいので、

ゴム手袋はしばらく使ってみることにします。

  

私が使っているのは、ダイソーのゴム手袋です。

黒色シンプルなので、あまり主張せず気に入っています。

 結構しっかりした作りです。

よかったらダイソーで探してみてください。

 

 最後に

ブログを書くことはすごく難しいですね。

まず、全然文章がまとまらない。泣

ブログの基本的な設定の仕方が分からなくて、

調べて調べて・・・なかなか前に進めない。笑

新しいことを始めるのはとても大変だけど、ちょっとワクワクもしますね!!

今年こそは重い腰をあげて、続けていけたらいいなぁと思っています。

いつの日か、おしゃれで読みやすいブログが書けるように頑張ります!!

読んでいただきありがとうございます。